VIO脱毛をお探しなら福岡脱毛サロンランキングをご参照ください

VIO豆知識ページ

home sitemap

V I O の脱毛

V I O 脱毛の効果、完了までの回数、痛みなど

最近人気がメキメキ上昇中のビキニライン・デリケートゾーンの脱毛。ハイジニーナ脱毛とも呼ばれます。
V、I、Oラインってどこ?みんなどんな形にしてるの?痛くない!?恥ずかしくないの!?などなど、気になる質問にここでお答えしていきます。

デリケートゾーンの部位

一般的な脱毛サロンでは、デリケートゾーンの毛を、Vライン・Iライン・Oライン・そしてVラインの内側のトライアングルというエリアに分けていることがほとんど。

パーツは、見た目の形どおりのネーミングなので、わかりやすいと思います。

デリケートゾーン脱毛部位

一般的に脱毛サロンやクリニックでは、デリケートゾーンの脱毛は、「VIO脱毛」または全てひっくるめて「ハイジニーナ脱毛」という呼び名で呼ばれていることが多いです。
ハイジニーナ脱毛は恥ずかしいと思う部位ではあると思うのですが、実はニーズが高く、ワキや両ヒザ下についで、人気の部位になっています。

Vライン

Vラインは、パンティーラインに沿ったVの形のラインのことを指します。
脱毛に特に興味がない方でも、夏に水着を着る時に「ハミ出してないかな?」と気になったことは一度はあるのではないでしょうか?(笑)

真正面からみて、三角形型の陰毛の上両側のVライン、その内側をトライアングルと分けていることが多いです。
サロンによっては、トライアングル部分もふくめてVラインと呼んでいたり、トライアングルをさらに「トライアングル上」「トライアングル下」と分けていたりと様々です。

Vラインの脱毛の痛みは?

脱毛の女性

VIOゾーンは、粘膜にも近く皮膚も薄い部位。
「他の部位と比べると痛かった」という声が多いです。


やはり、ワキや腕・足などと比べると痛みは感じやすいです。
また、脱毛は「骨と近い部所は痛い」とよく言われるのですが、Vラインの内側、トライアングルエリアなどは恥骨の真上なので、「IOよりもトライアングルが痛かった」という方もいるほどです。一方で「IOは痛かったが、Vラインは全く痛くなかった」という方もいます。

いずれにせよ、痛みの感じ方は本当に個人差がありますし、サロンによっても痛みの度合いが違います。不安な方は一度体験をしてみて決めるのが良いかもしれません。

Iライン・Oライン

Iラインは性器の両サイド、 Oラインは肛門周りです。
I・Oラインはムダ毛があると蒸れやすいため、生理中や夏場など不快に感じている女性も多いのではないでしょうか?もちろん脱毛をしていると、水着などを着るとき全く気にしなくて済むので、気持ち的にもラクですよね。
また色素沈着が起こりやすいので、ダメージの大きい自己処理による刺激が続くと皮膚自体が黒ずんでしまうこともあります。
脱毛してもらうのが恥ずかしい箇所ではあると思いますが、ワキなどに次いでとても人気の部位なんです。

I・Oラインの脱毛の痛みは?

I・Oラインも、Vラインと同じように「一番痛かった」と言う方が多い箇所です。
どんな痛みかというと「大きめの輪ゴムをはじかれる感じ」「痛いというより、熱いという感じ」「皮膚を強く引っ張られる感じ」と、様々な声が寄せられました。
I・Oは、毛の量も人によってまちまちなので、毛が少ない方はそこまで痛みを感じない傾向にあるようです。

自分の好きな形にしよう!

脱毛の女性

VIO脱毛は、他の部位の脱毛と違って、ちょっと楽しい部分もあります☆
なんと…自分で、残す毛の形を自由に決めることが出来るんです♪ちょっと楽しくなりますよね^^
もちろん「1本もいらないわっ!」という方は、全てツルツルにする(ハイジニーナ)ことも可能です。
IラインとOラインは毛を残さずつるつるに脱毛する方がほとんどですが、Vラインの場合、ある程度毛を残す方も多いです。

Vラインの形で一番人気なのが小さめの逆三角形のトライアングル。一番自然な形ですよね。
次いで人気なのはオーバル(縦の楕円形)、そして長方形
その他、正方形にする方、ハート形にする方もいらっしゃるようです。
欧米では全部の毛をなくしてしまう方も多いですが、日本ではやはり少し毛を残すのが一般的のようですね。

また、形はそのままで、少ない回数で光を当てて全体的に毛を薄くするということもできます。
毛を薄くする時は、はじめの数回は全て剃って処理して、途中から、毛を残したい部分は当てないようにします。

どのくらいで効果が出てきた?

VIOゾーンの毛は、ワキなどと同じように太く濃い毛であることが多いので、皆さんそれなりに回数を必要としているようです。
以下は脱毛サロンにてVIO脱毛を完了された(毛がなくなるまで行った)方6名のデータです。

ミュゼプラチナム・・・1年11ヶ月、9回
ラ・ヴォーグ・・・2年間、10回
セネカサロン・・・3年間、11回
銀座カラー・・・2年間、9回
エピレ・・・3年半、14回
キレイモ・・・3年間、12回

VIOは、本当に毛の量や濃さの個人差が大きいので、やはり薄かったり量が少ない方は、光脱毛でも5、6回目くらいからほぼ生えなくなってくる方もいらっしゃるようです。ただ、完璧に事故処理が必要なくなるまでにはやはり10回前後は皆さん通われているようです。

事前のシェービングはどうやってする?

光脱毛をするときは、どこの部位でも事前に自分でシェービング処理をするのが基本ですが、Iライン・Oラインの場合、自分でうまく剃れなかったら、スタッフの方が剃り残しをシェービングしてくれるサロンも多いです。
とってもシェービングがしにくいI・Oライン。エステティシャンの方はよく、しゃがんだ状態で床に鏡を置いてすると良い、とか、あぐらのかいた姿勢で前かがみになって処理するとやりやすいなどとアドバイスしてくださいます。
カミソリでどうしても自己処理しにくい場合は、電気シェーバーのご購入をオススメします。
カミソリだと、どうしても肌が荒れて毛穴がポコッとうき上がったりしてきやすいこともあります。

VIO脱毛、恥ずかしくない?!どんな体勢でお手入れするの?

ハイジニーナ脱毛は、以下のような流れで行われます。

1. 事前に自分で施術部位のシェービングを行う
2. 当日、サロンで渡されるガウンと紙パンツに着替える
3. スタッフさんが脱毛部分がきちんとシェービングできているか確認する
4. 剃り残しがあればシェービングをしてくれる(料金が発生する場合もあり)
5. ジェルの塗布が必要な場合はジェルを塗り、脱毛部位に光を照射して施術を行う
6. 施術後は、他の部位と同じようにジェルやローションなどでクールダウン・保湿ケアを行う

施術は、ベッドに横になって行います。OやIラインの時は、施術箇所の皮膚を引っ張られることもあります。
初めは恥ずかしいと思うかもしれませんが、身体に何も身につけていないわけではありませんし、自分では施術しているところは見えません。
施術はたいていすぐ終わるので、1箇所につき5分前後もあれば終わります。「意外にあっという間で拍子抜けした」と言われるお客様は少なくないです。

ホームへ戻る

PAGE TOP